【書評】沈黙のWebマーケティング

アフィリエイターを含め、Webを使って商売をしようとする人には必読の書と言っても良いでしょう。

読みやすさ、構成、内容全てにおいて素晴らしく、非常に良く出来た本です。

筆者はWordPressテーマ「賢威」で有名なWebライダーの代表松尾茂起氏。
当ブログでも「賢威」についてはレビューしていますが、賢威の凄いところはテンプレートだけではなく豊富過ぎるほどのSEO解説です。

これだけのSEOのノウハウが蓄積した会社から販売された書籍はやはり凄いの一言ですね。私も昨年に購入してから何度も繰り返し読みました。読むたびに頭の中を刺激されてアイディアが湧いてくる感じがたまりません。

もともとはWeb連載

「沈黙のWebマーケティング」は、元々サーバー会社のCPIとウェブライダーが企画したWeb上のコンテンツでした。

こちらからご覧になれます。

Webマーケティングについて非常に人気の高かったコンテンツを1冊にまとめ、更には細かな補足説明を加えたのが本書である「沈黙のWebマーケティング ディレクターズエディション」です。

濃いぃキャラクターとグイグイと引き込むストーリー。
その中にWebマーケティングの本質がこれでもかと言う程に詰まっています。

その他一般のWebマーケティング本と比較すると、説得力に雲泥の差がありますし、読み手に新たなインスピレーションを与えてくれる情報が盛り沢山です。

Webマーケティングをいかにわかりやすく、そして頭に残るように考えた末にこのような形になったのでしょう。

パッと見ではイロモノ的な本に見えますが、中身は本質だらけです。

俺に足らないのはメジャー感だったのかぁぁぁぁ

本書の中で、「メジャー感」と言う言葉が出てきます。
私はこのメジャー感の解説を読んで、ある意味ショックというか、ガツンと頭を叩かれたような衝撃を受けました。

一部を抜粋させていただきます。

メジャー感というのは、芸能の世界でよく使われる言葉で、「それだよ、それ!」という「王道で売れそうな感じ」を指す。

人はコンテンツに触れた際、自分の過去の体験を頼りに「このコンテンツは期待して良いのか?」という判断を無意識的におこなってしまう。

たとえば、そのコンテンツが、自分が昔読んで「おもしろい」と感じた漫画に似ていたり、当時話題になっていたCMやドラマに似ていたり、自分の中にある「プロと認められるクオリティ」のラインをクリアしていたりすると、そのコンテンツへの期待度は高まり、読もうという気持ちになる。
https://www.cpi.ad.jp/bourne/story/social-media/

感覚的なものでなかなか難しいところではあるのですが、確かに「メジャー感」ってありますよね。

例えばキー局の作ったテレビ番組と地方局の作ったテレビ番組では「メジャー感」の違いを大いに感じるのではないでしょうか?
言っては悪いですが、地方局のテレビ番組はどうも垢抜けなさを感じるはずです。

これと同じで、Webサイトにもメジャー感と言うものがあり、私自身にもその「メジャー感」が足らないなぁと痛感しましたね。

とりあえず買え

本書はアフィリエイトで成功するための具体的なノウハウについて書いているわけではありません。

しかし、Web上で人に何かをアピールしたいビジネスをしている人にとっては欠かせない情報が詰まっています。

ページ数は多いですが、読みやすいレイアウトになっていますからスルスルと読めますし、記憶にも残るはずです。Webマーケティングの本質を知りたい人には是非お勧めします。価格以上の価値はあるはずです。

無料素材もあるよ

本書の主人公はボーン・片桐という濃いぃ漢。
その実写版の画像が無料で利用できます。

ぱくたそ中のサイトで手に入ります。
ボーンの漢気に惚れたなら是非使いましょう(笑)