アフィリエイターがアフィリエイト教材を販売する理由について考えてみた

この教材で解説していることを実践したら、
あなたのブログが自動販売機になって、
寝ているだけなのに報酬がドンドン増えていくのです!

私はこのやり方で毎月○○万円を楽に稼いでいますし、
今まで教えてきた人も同じくらい、いやそれ以上稼いでいます。

あなたはこのまま乗り遅れていいのですか?
先の見えない不透明な社会の中、もがき苦しみ続けますか?

さあ、私と一緒に画期的なアフィリエイト手法で
お金について全く心配しな人生を送りましょう!

 

な~んて言うアフィリエイト情報商材のセールスレターをよく目にしますね。

「そんなに稼げるんだったら黙って自分だけ稼げばいいじゃん!」
と思ったことありませんか?

確かにその通りです。
しかし販売者としては、黙って自分だけで稼ぐ以上のメリットがあるから販売するんですね。自分のノウハウが世間に広がって自分が稼げなくなるリスク以上にメリットがあるはずなのです。

では一体、リスク以上にどんなリターンが得られるのか?
アフィリエイト関連の情報商材を販売する理由を考えてみました。

アフィリエイターがアフィリエイト教材を販売する理由

①儲けるため

商材を販売する一番の動機でしょう。
金にもならないのに自分のノウハウを全部公開する人はいません(笑)

しかし、上にも書いたように自分の手法を公開した結果、実践者が増えてしまって自分の戦場がレッドオーシャン化するリスクも否定できません。
それにもかかわらず、手法を公開する理由として4つ考えられます。

1.そもそも稼げる方法ではない

一言で言えば詐欺商材ですね。
もしかすると販売者はアフィリエイトで稼いでおらず、詐欺商材を売ることでお金を稼いでいる人かもしれません。

2.実践するのが難しい

情報商材の中で意外に多いのがコレです。
セールスレターでは簡単に稼げると書いてはいるものの、実はやることが盛りだくさんで、本当にやる気や根気のある人しか続けられなかったり、実践するには高度な知識や技能が必要だったりするする商材です。

これだと、多くの人に販売しても実践する人が少ないわけですから、自分のやり方がレッドオーシャン化する可能性は低くなります。

3.自分以外にも同じようなやり方を実践している人がいて、いつかその人が商材化する可能性がある

世の中には賢い人が沢山います。
もしかすると、偶然にも自分と同じようなやり方を取り入れているアフィリエイターもいるかもしれません。

そんな人が近い将来、商材を販売することになったら・・・。
商材の販売益は当然得られませんし、自分の戦場がレッドオーシャンになり、稼ぎにくくなる可能性もあります。

そう考えると先に販売してしまった方がメリットは大きいですね。

4.今の手法が稼げなくなってきたor稼げなくなりそう

アフィリエイトの方法にも「末永く使えるノウハウ」と「今だからこそ使えるノウハウ」の2種類があります。

例えば検索エンジンの隅を突くようなツールやノウハウは、今後グーグルの方針次第で使えなくなることは目に見えています。寿命の短い情報は、早いうちに売っておかないといけないのです。

また、今までたくさん稼げたけど、収益が落ちてきたからノウハウを公開する人もいるでしょう。

②自分のノウハウを公開して、他人に認めてもらいたい、

マズローの説いた欲求階段説と言うものがあります。

欲求段階説によると、人は生理的な欲求を満たしたら、次はお金や住居などの安全などを欲求します。今度はそれらについて満足すると、今度は社会的なポジションを欲求することになるそうです。

つまり、自分の現状に満足したら次はどこかに属したい、更にはその中で影響力を持ちたいと考えるようになるのです。アフィリエイト活動は主に一人でやるものですから、そう考える人は少なくないかもしれません。

情報商材を販売すると、必然的に購入者と何らかの関係を持つことになりますし、購入者の中には熱烈なファンになってくれる人もいるでしょう。

そういった環境を自分で作ることで、更に幸せな感覚を得ることが出来るのです。

③業界全体のレベルアップを図りたい

それなりによく耳にする売り文句ですね。

アフィリエイト業界と言うのは今のところ大きく成長しているジャンルの一つですが、まだまだ「アフィリエイト」に関する認知度は低いのが現状です。

その業界全体のレベルを更に上げてやれば、アフィリエイトの認知度も上がるし、広告を依頼する側ももっとネット広告に力を入れてくれる、そうすればみんなが稼ぎやすくなる・・・と言う考えなのかもしれません。

私のような心の汚れた人間には「キレイごと」に聞こえるのですが、現実としてアフィリエイトノウハウを解説した情報商材が多く出回っているおかげで、アフィリエイターの全体的なレベルは上がったことは確かだと思います。

まとめ

以上、なぜアフィリエイターが自分のノウハウを情報商材として販売するのか?という疑問に関する私の考えでした。

販売者の方は、今回挙げた3つの中のどれか一つもしくは組み合わせで商材を販売しているのだと思います。

商材を販売する側の考えを読んでいくと、アフィリエイトする側も何か気づくことがあるかもしれませんね。