アフィリエイト解説ブログの元○○の高さは異常!

このブログもそうなんですが、アフィリエイトをしている人向けてアフィリエイトノウハウを伝授するブログやサイトって多いですよね。

書店に行くとアフィリエイトについて解説した書籍もありますが、結構一般的な内容のものばかり。でもネットで検索してみると、具体的なテクニックが分かりやすく解説してあったり、今自分の知りたい情報について書いてあったり・・・と便利なのも事実です。

私も初心者時代はネットでくまなく検索してアフィリエイトの基礎を勉強しましたし、今でも定期的に見ているブログがあります。

そんな中で、沢山のアフィリエイト解説ブログを見れば見るほど、とある共通の事についてアピールしていることに気づきます。今回の記事では、そのことについて書きたいと思います。

アフィリエイトで成功する前の経歴をやたらと主張してくる!

一般社会で自己紹介する場合は、出来る限り輝かしい経歴を主張するのが普通です。
例えば、○○大学卒業、○○の資格を所有、○○賞受賞などですね。

しかし不思議なことにアフィリエイト解説ブログに限らず、ネットを使った情報ビジネス(特に稼ぐ系)では、以前の自分がどんなに悲惨な状態だったかをアピールすることが非常に多いです。

例えばこんな感じですね。

  • 中卒・高校中退
  • 元ニート
  • 元社畜
  • 元アルバイト
  • 元鬱病患者
  • 元家計のやりくりに悩む主婦

あなたがよく読んでいるアフィリエイト解説ブログにもこのような「過去の不幸自慢」が書かれていませんか?

不幸自慢の後には必ず成功自慢

不幸自慢だけでは何の意味もありません。
不幸自慢の後には、必ずどん底の状態から成りあがった話が続きます。
例えばこんな流れです。

私は中学卒業後は数年ニート暮らし。
アルバイトを始めてもすぐに辞めてしまうばかり・・・。

「自分は本当にダメ人間だ・・・」
そう思って自殺を考えたこともあります。

でも、人生を諦めていた時にアフィリエイトに出会いました。
ダメ元で始めて試行錯誤して少しずつ収益が出るようになりました。

そして今では月収100万円をキープしています。
もうお金に困ることはありません。
むしろお金の使い方に困ってます(笑)

私にできたんだから他の誰でもアフィリエイトで稼ぐことは可能です!
さぁ、あなたも私と一緒に頑張りませんか?

なぜこんなにも不幸自慢が入るかと言うと、理由が2つあります。

1.ストーリーを読ませる

人はストーリーが好きです。
特にダメな人が少しずつ成長して成功を収めるストーリが好きです。
映画で言えばロッキー、漫画ならナルトなどが挙げられますね。

自分の事を信用してもらうためには、まずは自分の事を知ってもらう必要があります。
そのためには文章を読んでもらうしかないのですが、ストーリーにしてやると、読んでもらいやすく、更には共感してもらえるのです。

2.過去と現在のコントラストをはっきりさせる

成功した現在の話だけをしても、どれだけ成功したのかわかりません。
そのためには、過去のダメダメなエピソードを使う事で「成功」がより際立つのです。

更に読み手には「こんな人でも成功できたんだから、私にも・・・」と思わせることも可能です。説得力が上がるのです。

不幸自慢は情弱ビジネスのテクニック

私は個人的に「不幸自慢」をするのが好きではないので、過去の自分をやたらと卑下することはしません。

しかし、世の中の「稼ぐ系」のブログやサイトでは「不幸自慢」のオンパレードであること考えると、やはりこのやり方は儲かるし、王道的なやり方なのでしょう。

不幸自慢に食いつきやすいのは現状に満足していない情報弱者です。
何も考えず、ただストーリーに乗せられて「こんな人でも出来たなら、きっとオレだって・・・」と思わせて商品を買わせる方法です。

「商品を買わせる方法」と書くと嫌らしい感じがしますが、これもれっきとした手法の一つだと私は思います。

他人のやり方に対して、「このやり方は嫌らしい」と単に非難するのではなく、「なぜこのようなやり方をするのか?」という事まで考えられるようになると、上手な売り方が見えてくるのではないでしょうか?