我が家に警察が来た時の話

先日の夕方、我が家のインターフォンが鳴りました。
私は基本的に宅配便業者か知人でない限り、突然の訪問者がインターフォンを鳴らしても居留守を使うことにしているのですが、この時は少し状況が違いました。

インターフォンのカメラに警察手帳を構える男性二人が映っていたのです!

二人は明らかに警察官。
ビックリしたのですが、心当たりはありました。

今回ばかりは出た方が良いだろうと判断して、玄関のドアを開けて対応しました。
とても紳士的な警察官の方々でした。

警察に色々と聞かれる

二人が訪問した理由は心当たり通り、先日近所で起きた強盗事件についての聞き込み調査でした。(正直なところ、この理由以外だったらどうしよう?という不安はありました。別に何もやってないですけど)

私も事件の翌日にニュースを見て知っただけですので、何のお役にも立てなかったのですが、このような聞き込み調査の時は、氏名、電話番号、家族構成、そして職業まで聞かれるんですね。

別にやましいことは何もないので普通に答えていましたが、「ご職業は何をされていますか?」と言う質問には困りました。

自宅で自営業をやっています

そう答えて「はい、そうですか」では終わりません。
どんなお仕事をされているのですか?」という質問がやってきます。

私は主にトレーダーをやっていて、トレードの待ち時間にアフィリエイト活動をしているのですが、正直なところ自分の事を「トレーダー」と名乗るのは好きではありません。
人によっては色々な偏見がありますので・・・。

そのため初対面に会う人には「ネットを使ったビジネスをやっています。」と言っていますし、この時も同じように答えました。

すると警察官は「えっと、どんなビジネスでしょうか?」と更に質問。

私は咄嗟に「アフィリエイターと言うもので、Webサイトを作ってそこに広告を掲載して収益を得ています」と答えました。

警察官は「あ、そうですか・・・」と言う感じで職業に関する話は終わりました。
きっとアフィリエイターと言う職業なんて聞いたことも無いでしょう。

この時私は思いました。
自分のやってる仕事って他人には理解されにくいものばかりだなぁ・・・と。

そして、「他人に理解されにくい職業=怪しいと思われないだろうか?」と少々不安にもなりました。

専業アフィリエイターの方はなんと答えるのだろうか?

ネットに少々詳しければ「アフィリエイト」と言う言葉を知っている人も多いかとは思いますが、まだまだ世の中の人の大多数がアフィリエイトについて知らないのが現状です。

専業でアフィリエイターをされている方は、初対面の人に職業について何と答えるのでしょうか?

分かりやすい肩書が無いと面倒なことも多いなぁと感じました。
こういったこともあって法人化される方も多いと聞きます。

私もいずれは法人化を・・・と考えているのですが、色々と面倒なんですよね。

2 件のコメント

  • こんちは!

    はじめまして、しょへといいます^^

    アフィリエイトの認知度ってまだまだそんなもんなんですね・・。

    確かに職業として確立していないので困りそうです。

    まあでもなんか
    ぼくの場合あまり知られていない職業をやっている自分に
    ステータスを感じるような気がします(笑)

    「フリーランス!」っていうのもかっこよくて好きです(笑)

    応援もしていきますね(`・ω・ )ゝ

    • しょへさん

      はじめまして。
      フリーランスという言葉は自由に感じられるようで、
      実は世の中の息苦しさを実感できる職業かもしれませんね。

      生きていると社会的地位とか信用が必要な時もありますから・・・・。
      まぁそれでも昔と比べれば世間の目も厳しくなくなったように感じます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA