文中に改行を入れるか入れないか問題について

2月も20日を過ぎてしまったところですが、正直な話、今月のアフィリエイト結果が芳しくありません・・・。

アフィリエイトはビジネスですから、どうしても月単位では波が出てくるのは仕方がないとわかってはいるつもりです。でも、何とか報酬を安定化させることは出来ないかなと考えてしまいます。

こんな時、私は改めて自分のサイトやブログを見直します。
「もしかしたらブログが見辛いから、つまらないから成約につながらないんじゃないか?」
と思うんですよね

そこでいっつも悩むのが記事の改行問題です。
改行問題とは、「文章中に改行を入れるか入れないか?」という悩ましい問題です。

ブログやサイトを見ていると、改行の仕方が以下に示すように大きく2種類に分かれています。

1.文中に改行を入れないパターン

百聞は一見に如かずですので、まずは下の例文をご覧ください。

コピーライティングの重要性について

アフィリエイトで収益を伸ばすためには、文章力、特にコピーライティング力が必須です。

コピーライティング力があれば、読者に自分が売りたい商品をより魅力的に映るように紹介できるようになりますし、文章自体の説得力が上がるので、成約率は飛躍的に高まります。

優れたコピーライターならば、実際は大したことのない売れていない商品であっても、ベストセラーにすることも可能なのです。

ご覧いただくと分かると思いますが、文中に改行が入りません。
<p>文章</p>の中に<br>を入れて途中で改行しないという事ですね。

ほとんどのニュース記事や大手メディア、そして有名ブログではこのパターンを取っています。もちろんこのブログでもこのパターンです。

このパターンのメリットは、パソコン、モバイル、タブレットのどの端末で見ても中途半端なところで改行されず、文章が読みやすくなる事でしょう。

逆にデメリットは文章が横長になるために、サイトの余白が減ってしまって初見の人が「うわ、読みにくそう!」と思って他のページに飛ぶことでしょうか・・・。そうならないためにも、行間と改行幅をしっかりと考えておく必要があります。

2.文中で改行するパターン

まずは以下をご覧ください。

コピーライティングの重要性について

アフィリエイトで収益を伸ばすためには、文章力、
特にコピーライティング力が必須です。

コピーライティング力があれば、読者に自分が売りたい商品を
より魅力的に映るように紹介できるようになりますし、
文章自体の説得力が上がるので、成約率は飛躍的に高まります。

優れたコピーライターならば、
実際は大したことのない売れていない商品であっても、
ベストセラーにするのも可能なのです。

文の途中で改行が入るのがお分かり頂けると思います。
具体的には<p>文<br>続きの文</p>となっており、筆者が任意の部分で文章を改行を入れています。

このパターンはアメブロの多くの芸能人のブログや、アフィリエイト関連のブログやサイトでよくみられます。

メリットとしては、パソコンで見る際は、目線が左側に集中するために眼球を動かす必要が無く読みやすいという事が挙げられます。
また、ぱっと見で文章が詰まっているように見えないので、初見の人でも「読んでみようかな」と思わせるデザインになっているように思えます。

デメリットはスマホやタブレットで見た時に改行が崩れることですね。
パソコンでは綺麗に改行できていたとしても、スマホで表示すると下のようになってたりします。

コピーライティングの重要性について

アフィリエイトで収益を伸ばすために
は、文章力、
特にコピーライティング力が必須です。

コピーライティング力があれば、読者
に自分が売りたい商品を
より魅力的に映るように紹介できるよ
うになりますし、
文章自体の説得力が上がるので、成約
率は飛躍的に高まります。

優れたコピーライターならば、
実際は大したことのない売れていない
商品であっても、
ベストセラーにするのも可能なのです。

私はコレが凄く嫌なんですね。

文章の途中で改行を入れるべきか入れないべきか悩ましい

私は、個人的には1の「文中に改行を入れないパターン」が好きです。
新聞も書籍もほとんどがこの形を取っていますし、これこそがスタンダードな文章の書き方だと思うからです。

しかし、他のアフィリエイトサイトを見ると「見やすいな」と思うサイトの多くが2の「文中で改行するパターン」だったりするんです。

「もしかすると自分のサイトが見にくいから報酬が上がらないんじゃないだろうか?」なんて思うと不安でなりません(笑)

じぃっと自分のサイトを見ていると、段々とゲシュタルト崩壊してくるのを感じますから、更に不安になってきます。

一つの目安は、パソコンから買う人がターゲットかどうか

私の持っているサイトやブログのアクセス解析を見ると、訪問者の約半分がスマホやタブレットです。

そんなこともあって、「パソコンでもスマホでも見やすい文章のレイアウトにしたい」と考えて、私は文中に改行を入れないようにしています。

しかし、よくよく考えると書き手の好き嫌いではないんです。
問題は

自分のサイトから商品を買ってくれるのはパソコンとスマホのどっちで閲覧している人だろうか?

という事になるのではないでしょうか?

例えば、アドセンスや楽天・アマゾンのアフィリエイトで稼ぎたいサイトは、モバイルでもパソコンでも見えやすいレイアウトが好ましいと考えられます。最近はスマホでアマゾンや楽天で買い物をする人が増えていますので。

しかし逆に、そこそこ値の張るモノ、特に稼ぐ系の情報商材なんかの場合は、多くの人がパソコン経由で商品を購入するでしょう。

つまり、購入者の属性を考えて文章のレイアウトも考えるべきだ、となりますね。当たり前の結論にたどり着きました。

それを頭に入れてアフィリエイトサイト等を見てみると、何か見えてくるものがあるのかなと思います。

4 件のコメント

  • 初めまして。
    ランキングからやってきた美鈴です。

    文章の改行タイミングは悩みますよね。
    色々と試してみた結果、最終的に

    手持ちのアドセンスブログ・・・1
    情報商材ブログ・・・2

    このような感じに落ち着きました。
    「読者がどの媒体で記事を読んでいるか」
    本当にコレが重要ですよね。

    応援していきますね。

    • 美鈴さん

      はじめまして。
      やはり他の方も悩んでるんですね!
      少し安心しました。

      私も今後はどの媒体がメインなのかを中心に考えて
      改行を考えていこうと思っています。

  • こんばんわ、masaです。
    私は、改行をよく入れるのですが、
    改行入れるパターンが
    見やすいかなって思います。
    ランキング応援しますね!

    • masaさん

      改行問題は好みもありますね。
      私は改行する文節を意識するのも苦手なので、
      このブログでは改行せずに記事を書いています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA