【書評】現代広告の心理技術101

顧客からの反応の高い広告を作るためにはどうすればいいのか?

広告業をやっている人だけでなく、我々アフィリエイターも日々このことで頭を悩ませています。

アフィリエイトをやっていると感じるのですが、自分にとっては最高の紹介方法だったり、口説き文句だったりしても、全然反応が無かったりする事は結構あるんですよね。
アクセス数はそれなりにあるのにも関わらず・・・です。

渾身の記事が書けたとしても、それが利益につながらなければ意味がない・・・。こういう時は結構落ち込みます(笑)

なぜこんなことが起きるかと言いますと、自分の感覚と顧客の感覚にズレが生じているからです。つまりは、顧客の事を考えずに自分の感覚だけで「こう書いたら売れるだろう」と決めつける独りよがりな考えがあるからなのです。

今現在、このような状況に陥っている方に是非お勧めしたいのが、現代広告の心理技術101という本です。

客観的事実と共に顧客が反応する方法を学べる!

さて、今回ご紹介する「現代広告の心理技術101」は「お客を反応させ、自分の求める行動を取ってもらう方法」について具体的に書かれた本です。

もちろん筆者が感覚的に「こうしたら売れるよ」と言っているわけではありません。

過去の様々な広告に関する研究や実験、人間の心理を追及することによって得られた科学的な統計結果に基づいて「有効である」と判断され、実際に広告業界の現場で使用されているノウハウが本書には詰まっているのです。

いわば、モノを売るためのルールブック。

  • 読み手は紹介する商品に何を求めているのか?
  • 顧客が今すぐにでも買わずにいられなくなってしまう書き方とは何か?
  • どうすれば顧客があなたから商品を購入したい!という心理になるのか?
  • 効率の良い記事の流れとは?

などなどアフィリエイトだけではなく、誰かに何かをお勧めする時に重宝するノウハウが満載です。以下に内容を掲載します。

INTRODUCTION 顧客は買いたがっている!

CHAPTER 1 人々が本当に求めているもの

CHAPTER 2 相手の頭の中に入る方法 消費者心理の17の基本原則
原則1 恐怖という要素
原則2 自我の変形
原則3 転嫁
原則4 バンドワゴン効果
原則5 手段・目的連鎖
原則6 理論を超えたモデル
原則7 接種理論
原則8 信念のリランキング
原則9 精緻化見込みモデル
原則10 影響力の6つの武器
原則11 メッセージの構成
原則12 セルフ・デモンストレーション
原則13 二面性のあるメッセージ
原則14 反復と重複
原則15 修辞疑問文を使う
原則16 証拠
原則17 ヒューリスティックス

CHAPTER 3 買わずにいられなくなる秘密のテクニック 買わせるための41のテクニック

CHAPTER 4 ホットリスト レスポンスを急増させる101の簡単な方法

EPPILOGUE 広告のプロが最後に言いたいこと

ある程度広告の心理について学んだ方にとっては知っている心理的なテクニックも多いと思いますが、これらの見識を「どのように利用していくか?」という具体的なテクニックにまでついて言及されているのが本書の大きな特徴であり価値だと思います。

これを知っているのと知らないのとでは、アフィリエイト活動において大きな違いが出てくると私は思います。いや、知らなければその分だけ他のアフィリエイターに利益を持って行かれるのです。

アフィリエイトの向上の為に是非お勧めしたい

現代広告の心理技術101は、アフィリエイターだけでなく何かをPRしたい、何かを宣伝したいと思う人全てに役に立つ情報がまとめられています。

ただし、すべてにおいて完璧と言うわけではありません。
翻訳書ですから、日本人にとっては少しくどかったり分かりにくい表現もありますし、アルファベットのフォント等に言及する箇所については日本での活動では使えないところもあります。

しかし、人間がどんな広告に反応しやすいのかのノウハウは、人間の心理に基づいたもので、国や文化の違いに関係のない普遍的なことも多いですから、読んで損することは絶対に無いと私は自信を持ってお勧めできます。

個人的には、もっと早く知っておけば良かったなぁと心の底から思える一冊です。

⇒現代広告の心理技術101の販売ページへ
新品で購入できるのはダイレクト出版からのみです。