Amazonマーケットプレイスで中華系の詐欺業者が横行!「せどらー」「転売ヤー」大ピンチ!

ヤフートップニュースにも出ましたが、アマゾンのマーケットプレイスで詐欺業者が横行しています。

プレステ4やニンテンドースイッチなどを実売価格の10分の1の値段以下で販売するも、商品は送って来ない・・・というやり方です。

お金のやり取りについてはアマゾンが代行していますので代金を奪われることは無いのですが、詐欺業者に購入者の個人情報が抜き取られるため、それが悪用されるのです。

詐欺業者の手口についてはわかりやすいまとめがありましたので貼り付けておきます。

【共通】
・ランキング上位の商品を大量出品する
・圧倒的最安値で出品する
・Amazonによる発送ではない

【詐欺形態A】
・中華業者で海外発送のため到着まで時間がかかると説明
・発送連絡あってもデタラメな追跡番号
・Amazonからの入金があったらアカウントを消し逃亡
・マケプレ保証を申請すれば実害は待った時間だけ

【詐欺形態B】
・数日経ってからショップ側から在庫切れ等でキャンセルする旨の連絡
・Amazonを装ったメールで「キャンセルのため返金されます」と通知
・返金されるならいいかと勘違いしているとマケプレ保証申請期間を過ぎて終了

【詐欺形態C】
・国内の住所、日本人の氏名、ストビューで見たら確かにその住所にその名前がある
・発送せず放置、出品者に連絡しても無視されるか「関係ありません」の返事
・マケプレ補償申請すればお金は返ってくるが本当の被害はここから
・勝手に住所氏名電番を詐欺ショップのプロフィールとして使われる
・「どうなってます?」「金返せ!」「詐欺として警察に通報する!」の電話が鳴りやまなくなる
・内容証明郵便や弁護士からのお手紙まで来る

形態Cは人生詰む可能性のあるレベル

顧客の個人情報を利用して詐欺ビジネスを行い、責任は全て個人情報主に押し付ける・・・。アマゾンマーケットプレイスの裏を突いた汚いやり口です。

このような犯罪を許してしまったアマゾンにも責任があると思いますし、早急な対策をしていただきたいところです。

詐欺に合わないための対策は?

この事件を受けて、多くの識者やブロガーが購入者として出来る対策を挙げています。

一番多いのが「アマゾンが発送する商品しか買わない」という方法です。

アマゾンが発送する商品は大きく2つに分けられます。

1.アマゾンが販売し、アマゾンが発送する商品。
2.販売業者がマーケットプレイスに出品し、アマゾンが発送する商品

1は普通にアマゾンで商品を購入するケースです。一番安全です。
2のケースでは、販売業者の商品を購入することになりますが、販売業者は商品を事前にアマゾンの倉庫に納入しているので、代金の支払いが終わったら、スピーディーにそして確実に発送されます。

逆に言えば、アマゾンが発送せず、マーケットプレイスに出品する販売業者が発送する商品はリスクが高いことになります。

出品業者の見極め方等については、他のブログで解説していますのでググってみると良いでしょう。

マーケットプレイスで稼いでいるせどらーや転売ヤーは大打撃!

今回のマーケットプレイス詐欺事件で大打撃を被るのが「せどらー」や「転売ヤー」ではないでしょうか?

両者とも主にアマゾンマーケットプレイスで商品を出品しており、その多くが「アマゾンからの発送」になっていません。

なぜ「アマゾンからの発送」にしないかと言うと、アマゾンに商品を預けて発送してもらう場合(FBA)、在庫保管手数料と発送代行手数料等を取られるからです。

大量に商品を出品するのならいいですが、そこまで多くない商品を出品するだけなら発送の手間よりFBAのコストの方が大きいのです。

しかし、今の流れならばアマゾンが発送する商品ばかりが売れていく事になり、FBAに加入しないせどらーや転売ヤーの売上げは減少するのと考えられます。

もちろん彼らが商品を出品する場所はアマゾンだけではありませんが、アマゾンの集客力と利便性は業界トップですから、ダメージは避けられないでしょう。

ネットビジネスならやはりアフィリエイトが一番!

私はアフィリエイターなので今回の件については全くの無傷ですが、やはり在庫を抱えるビジネスと言うものはリスクが大きいですね。

それと比較すれば他者の商品を紹介して「紹介料」を頂くアフィリエイトビジネスの方が良いように思えます。まぁ、その分自分でサイトを用意したり、商品を魅力的に紹介したり・・・と様々なテクニックが求められるんですけどね。

しかし事業を行う上で、何かに依存しすぎるのもリスクだなと感じましたね。

6 件のコメント

  • はじめまして、めいこと申します。

    私もこのニュース見ました。
    私は、アフィリエイトをやる前は
    Amazonを使って輸入転売をしていましたが在庫のリスクなどが
    精神的にとてもしんどかったです。

    このようなことがあると、たとえ自分は違反していなくても
    購入者が警戒して自分の出品から購入してくれなくなったり
    将来的に禁止になったりする可能性もありそうですよね。

    それに比べてアフィリエイトは在庫を抱えなくてもいいですし
    自分でやらないといけないことが多かったり、すぐに稼ぐことができない
    という面はあるものの長い目で見たら安心できるかなと思います。

    ランキング応援完了しています。
    またきますね

    • めいこさん、はじめまして。

      アマゾンを利用して収益を上げる方法は色々とあるかと思いますが、在庫のリスク等色々と考えることはあるでしょうね。

      しかも今回の件で消費者が警戒し始めると、売れなくなるリスクも出てきてなかなか厳しい感じですね。

      便利なシステムも悪用する者のおかげでダメになるのは残念なものです。

  • アキモトです。また遊びにきました。
    ニュースで概要は知っていましたが、こういった内容なのですね。
    とても勉強になりました。でも、中華系・・・偏見はダメですが、やっぱりと思ってしまいます。

    アマゾン側としては、出店する顧客の契約基準を厳しくするしかないですよね。
    また、よらせていただきます。

    • アキモトさん、こんにちは。

      今話題になっていますよね。
      どうやら世界的に問題になっているようで、中華系の行動力というか繁殖力には感心してしまいそうです。

      これだけ話が大きくなったらアマゾン側もしっかりと対応する必要が出てきますね。

  • どうもこんにちは
    ヨハネス@元警備員と申します。

    最近Amazonでこのようなことが起こってたとは
    なかなか恐ろしいことですね。

    そして同時に、

    Amazonからの発送以外で
    信用できないということになってしまい、

    Amazonを利用してるせどらーにとっては
    大打撃なのかもしれないですね。

    せどりというのはこういう部分があるから
    危険も伴うのだなと思いました

    応援しております

    • ヨハネスさん、はじめまして。

      アマゾン発送以外は信用できない状態ですね、現在は・・・。

      アマゾンマーケットプレイスを利用して真っ当に商品を販売している人も被害者となっている状態ですね。

      アマゾンに関わる人たちには大打撃になっているんでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA