SEO対策という名のラビリンス(迷宮)に迷い込んだ方へ・・・

特定のキーワードで検索して、自分のサイトが何番目に出てくるのかを調べるGRCというソフトがあります。

私は定期的にGRCを回しては、自分のサイトやブログがどうなっているかを確認しているのですが、どうも納得いかないことが数多くあります。

まぁ色々とありますが一番納得いかないのは、自分のパワーブログよりも上に1ページしかないペラサイトが表示されることがよくあること

いやぁ、気に食わない、気に食わない。
「なんでこんなサイトに負けてるんだ?」と思っていると、「もしかして自分のSEO対策がダメなんじゃ・・・」と不安になります。

そして気づくと効果的なSEO対策について調べ始めて、明確な答えのないSEO対策のドツボにハマってしまう・・・。

似たような経験、あるんじゃないでしょうか?

SEO対策の罠

グーグルやヤフーで特定のキーワードで検索して、1ページ目、更には1番上に表示されることは一つの特権です。

特に多くの人たちがが検索しそうなビッグキーワードで1位を取れたら、アクセス数はかなり上がりますし、収益も増えることでしょう。

では、どうやってしたら検索上位になれるのか?

検索エンジンを作るグーグル側は、「こんなサイトは検索上位にしますよ」という方針は打ち出してはいるものの、具体的にどのようなサイトを上位にするか等のアルゴリズムについては一切明確にしていません。

明確なアルゴリズムが公表されていない以上、「絶対的に正しい」「確実に検索上位になれる」とされる小手先のテクニックは無いのです。

絶対が分からないから、様々な商材が出回る。

しかし、「絶対に正しい方法が無い・分からない」という曖昧な事実を逆手に取って、「SEOに効く」とされる手法やテンプレート等が出回っているのも事実。

SEO対策は情報商材販売業者、ツール販売業者、SEO業者にとっては一大マーケットになっているのです。

それら業者から報酬を得る我々アフィリエイターも「SEO対策は重要」という記事を書くことで、ネットに関わる人たちすべてに「SEO対策は非常に重要である」と思いこませる流れが出来上がっているのではないか?とすら思えてしまうのです。

SEO対策の情報のたらいまわしに・・・

ひとたびSEO対策にハマってしまうと、なかなか抜け出せません。

ブログのテンプレート、ディスクリプション、タイトル、キーワード、記事の書き方、文字数、内的SEO、そしてバックリンク等の外的SEO・・・。

ネットをさまよってアレが大事、コレが大事・・・という情報を知れば知るほど不安は増えるばかり。

当然です、商材販売者やアフィリエイターは商材を売りたいのですから、「コレじゃないとSEO対策になりませんよ」と不安を煽る書き方をするわけですから・・・。

(蛇足)SEO対策とFXの手法は似ている?

明確な答えは無い、と言う点でSEO対策とFXや株式の取引手法は似ています。

そのため、両者には多くの「やり方」が存在し、情報商材販売やセミナーで稼いでいる人が多くいるのが現状ですね。

中には明らかに効果のない情報についても「有料」で販売している悪徳業者もいます。

今後の検索エンジンの行方について

現在では、ブラックSEOと呼ばれる検索エンジンの盲点を突く様々な手法が確かに存在します。

しかしグーグルの理念を考えれば、個人や小さな企業レベルで検索エンジンの結果をコントロールできなくなることは明白です。ブラックSEOが淘汰されていくのは時間の問題でしょう。

更に現在では滞在時間やSNS等の評価も検索結果に盛り込まれるようになってきているそうですので、よくわからないSEO対策に悩まされるくらいなら、良質の記事を書くことに専念した方が良いのです。

ネットのトラフィックは検索だけではない

我々は何かの情報をダイレクトに知りたい時に「検索」します。

そのため、検索からのアクセスは、キーワードに対して何かの答えを求めている「属性の濃い」アクセスであることに間違いはないのですが、ネットからの流入はそれが全てではありません。

人の多く集まるツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSやYouTubeから集客することだって出来ます。

つまり、自分のwebサイトに人を呼び込む手段は多くあり、SEO対策はその中の一つでしかない、と考えることも出来るのです。

SEOに悩み過ぎるのは不健全

GRC等を使って自分の検索順位がどれくらいなのかを知るのは大切なことですが、検索順位にこだわりすぎてSEO対策に悩み過ぎるのも不健全だと思います。

自分のサイトに訪れる人は検索だけではありません。
他のサイトからの紹介があったり、SNSからの流入もある事でしょう。

記事を読んでくれるのは人間。
自分の紹介する商品を購入してくれるのも人間。

そう考えながら記事の更新をしていく方が、ストレスも少なく、長くブログを継続することが出来るんじゃないかなと私は思います。